中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

大王世宋 第85話「訓民正音の誕生」

 チェ・ヘサンの遺体を解剖して発音の謎を解明しようとする世宗。そんな事をすれば国が滅ぶと、断固阻止しようとするマルリ。
 東廠と通じているマルリは、晋陽大君に「文字創製を否定すれば、明は大君を次の王と認めるでしょう」と世宗を廃そうとします。晋陽大君はマルリの誘いを否定するものの、野心が芽生えてしまったようです。文字創製に真っ先に賛成して協力していた晋陽大君ですが、さすがに解剖までは受け入れられなかったようです。
 そんな晋陽大君の動きに心を痛める昭憲王后。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



 解剖の現場を押さえようとするマルリは儒生や学士たちを連れて寺に向かいます。寺では正に解剖の真っ最中だったので世子はマルリたちを足止めして時間を稼ごうとします。そのおかげでマルリは解剖の現場を押さえる事が出来ませんでした。しかし、解剖の証拠を見つけようと部屋の中を探すマルリ。台の下に血痕がありましたが、学士の一人が隠してくれたおかげで見つからずに済みました。

 それでも諦めないマルリは、世宗が今正に火葬しようとしている遺体を解剖後のヘサンの遺体と考えて遺体を改めさせて貰います。しかしその遺体は疫病で死んだ者の遺体でした。(さすが世宗は抜かりないです)
 ヘサンの遺体はヨンシルが丁重に葬っていたのでした。棺桶を背負って歩くヨンシル。足が不自由なのに大丈夫なのか? てか、棺桶が軽そう…。(汗)

 ヨンシルに頭部の模型を造ってもらった世宗は、朝鮮語の発音の仕方から文字の形を決めていきます。28の母韻と子韻から構成される訓民正音(ハングル)が誕生したのでした。
 早速民に広めようとする世宗。しかし絶対に受け入れられないマルリは集賢殿の総意として訓民正音は受け入れられないという上奏文をだそうとするのでした。
 抜かりの無い世宗は、集賢殿以外の役所には速やかに訓民正音を受け入れるような体制を整えていたのでした。

 ヘ・スの死の問題は、ヘ・スが朝鮮から盗み出した新兵器の秘密を蒙古に売ろうとしたのでプンゲが粛清したということになったようです。
 東廠ではワン・ジンが頭領から辞して、後継者にイ・チョンを選びました。プンゲは不満そう………。

次回 第86話「偉大なる文字」
[PR]
by mayoi-maimai | 2010-01-02 21:42 | 大王世宗【終】

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧