中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

大王世宋 第76話「政治とは」

 新しい本が数冊刷り上りました。しかし分野が音韻書などに偏っています。これは何を意味するのか?

 王様は民が自分を守れるようにと法典を下々の民にも分かるように翻訳するとの命令に、集賢殿の学士の一部(主にチェ・マルリ)からは反対の声が上がりました。下々の者に法律を教えると、狡賢く法の抜け道を探して悪いことをする者が出てくるから教えない方が良いというものでした。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



 王様は前回の出来事に遭遇してから、民が無知故に利用されたりしないようにしたいのでしょう。しかし文字の読み書きや法律は上流階級の特権なので、下々に渡したくないという意見が多いようです。

 王様とユン・フェと晋陽大君の間だけで密に進められている文字創生。ユン・フェが、孫娘婿でシン・ジャンの息子を語学力に長けていることから集賢殿に召集しますが、断られ続けます。理由は集賢殿に行けば、王様にこき使われた末に病にかかるだけだからだというのです。実際のところ父のシン・ジャンは過労死だし、ユン・フェも肝臓癌だか肝硬変になっているそうです。(酒の飲み過ぎじゃね??)

 ユン・フェの人材集めや偏った分野の本から、世宗が民の為の文字創生を考えているのではないか…と感づいたファン・ヒ。文字の読み書きは上流階級の特権と考えている現在の役人たちでは賛成する者は一人もいないだろうと思い留まるように世宗に進言しますが、逆に「政治とは何なのか? どうして政治を志したのか? 何故一度は辞めたのに戻って来たのか?」(戻ったのは太宗が説得したからじゃん)との問いかけに初心を取り戻します。 民の為に政治を志すようになったのだと思い出したファン・ヒも世宗の文字創生に協力することになりました。

 この作業は王が文字を作り出すことにしたので、政事の量を減らすことにしました。名目はそろそろ世子にも帝王学を実践させる為とのことです。
 世宗たちは秘密の作業場を作ります。いよいよ「ハングル文字」誕生への第一歩ですね。

 昭憲王后の誕生祝の席には世宗を始め家族が久しぶりに顔を合わせました。発案者は世子妃です。しかし昭憲王后は世子妃のレズ問題が頭から離れずに厳しい顔だし、世子や晋陽大君などの“知っている”人たちには気まずい感じです。
 知らない世宗は誕生祝をしてくれた世子妃に礼を述べたり、「孫は未だか?」と言ってみたりと、知っている人は胃が痛くなったに違いありません。
 昭憲王后はハン尚宮が提案した問題の女官の暗殺案に反対します。中止を命令しましたがハン尚宮とオム尚膳は強行しようとしましたが、逆に女官たちに「私たちに何かあったらバラす用意がある」とスキャンダラスな絵を見せるのでした。
 世子妃も女官たちに「許して」と宝石を差し出しますが、女官たちは許さず逆に脅すような事態になってしまいました。身から出た錆とはいえ八方塞りとなった世子妃は、世子を守るために世宗に全てを告白し、自分を廃妃にして欲しいと直訴するのでした。

次回 第77話「世子の四輔星」
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-18 01:58 | 大王世宗【終】

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧