中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:大王世宗【終】( 44 )

大王世宋 第86話(最終回)「偉大なる文字」

 訓民正音を普及しようとする世宗と、絶対に認められないとするマルリ。世宗はマルリに「マルリとの戦いに自分が負けたら訓民正音の普及を諦める」と言います。世宗と戦う為に距離を置こうとマルリは集賢殿・副提学の辞表を提出しますが、世宗はそれを認めずに副提学の地位はマルリが戻ってくる時の為に空けておくのでした。

 ヨンシルの開発した兵器のおかげで明との武力差を克服した朝鮮が明からの武力での脅しにも屈しないので、東廠はついに世宗暗殺計画を立てます。急なことでプンゲは武衛軍に連絡できません。オマケにプンゲの知らないうちに先に暗殺に向かっている者が居たのでした。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2010-01-03 00:56 | 大王世宗【終】

大王世宋 第85話「訓民正音の誕生」

 チェ・ヘサンの遺体を解剖して発音の謎を解明しようとする世宗。そんな事をすれば国が滅ぶと、断固阻止しようとするマルリ。
 東廠と通じているマルリは、晋陽大君に「文字創製を否定すれば、明は大君を次の王と認めるでしょう」と世宗を廃そうとします。晋陽大君はマルリの誘いを否定するものの、野心が芽生えてしまったようです。文字創製に真っ先に賛成して協力していた晋陽大君ですが、さすがに解剖までは受け入れられなかったようです。
 そんな晋陽大君の動きに心を痛める昭憲王后。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2010-01-02 21:42 | 大王世宗【終】

大王世宋 第84話「儒教国のタブー」

 世宗は発音の謎を解明する為に人体解剖を思いつきます。しかし儒教では親から貰った体を大切にするという思想から体を切るという行為は禁じられているようで、朝鮮の医官には出来ないので回回人(ウィグル族)の医師を探すことになりました。

 昭憲王后は世宗のが失明することを想定して自分で目を閉じて歩いてみました。危うく燈篭にぶつかりそうになった王后は世宗がこの先に生きねばならない世界を思って涙するのでした。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-31 01:01 | 大王世宗【終】

大王世宋 第83話「思いがけぬ再会」

 世宗の文字創製の為の研究が続けられていますが、言葉を集めるにも無数にあるのでなかなか進みません。体調の方も良くなく、時々目が見えなくなる症状が現れていました。
 ヨンシルを実の息子のように可愛がっていたヘサンは、ヨンシルを喪って以来軍器官にも行かずに酒に溺れて世宗を恨んで暮していました。
 マルリは着々と地方の豪族や貴族を見方に着けて世宗を王の座から引き摺り下ろす準備をしています。それは世子もファン・ヒもマルセンにも相当危険だと思わせるものでした。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-30 01:01 | 大王世宗【終】

大王世宋 第82話「ヨンシルの心」

 王の輿を壊した罪を問われるヨンシル。王に対する反逆=国に対する反逆と見なされますが、大方の予想では罪人の焼印を押された後に強制労働に送られるだろうとのことでした。明のワン・ジンもそのように考えていましたが、世宗は“棒叩き百回”という、まともに執行されれば死に至るような重い刑に処したのでした。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-24 22:47 | 大王世宗【終】

大王世宋 第81話「王の盾」

 30年来の旧友でもあるヨンシルを何としても守りたい世宗はヨンシルを強制的に国外に脱出させようとしますが、先を読んでいたマルセンに阻止されます。
 朝鮮は世宗だけの物ではない、自分の物でもある。その朝鮮を守りたいと、ヨンシルは自分を明に引き渡すように世宗に申し出るのでした。
 窮地に立たされた世宗の盾にもなろうとしているのでした。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-24 22:46 | 大王世宗【終】

大王世宋 第80話「平和か破壊か」

 朝鮮が天文儀器を所有していると感づいた明は抜き打ちでヘ・スを朝鮮の査察に向かわせます。プンゲがいち早くその事を朝鮮に知らせましたが、王宮では天文儀器の解体と記録の破棄に大忙しです。しかも折角の記録を破棄したくない集賢殿の若手たちが明と戦うべきだ、と騒ぎ立てます。

 世宗は文字創製の研究室も一旦引き払うことにしました。そこを狙って文字創製の証拠を掴もうとするマルリ。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-24 22:44 | 大王世宗【終】

大王世宋 第79話「王の涙を量る器」

 前回から5年後の1441年(世宗23かな?)あたりです。世宗(老けた~~)は未だ文字創生の研究に没頭しています。明は若い皇帝が東廠の長であるワン・ジンを信頼してます。ワン・ジン(老けてないっ!)は、朝鮮が天文儀器を作った事を確信してファンを拷問にかけて誰が明の技術を盗んだのかを聞き出そうとします。ファンは口を割りませんが、本当にヨンシルに技術を教えた学士がファンに罪を被せた挙句にヨンシルの名を出してしまいました。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-22 01:54 | 大王世宗【終】

大王世宋 第78話「最初の試練」

 世子の試練とユン・フェの死。

 世子・ヒャンがマルリの要求を断ったことで、マルリは世子妃の不貞を重臣たちや儒生たちに暴露。儒生たちは世子の資質を問う座り込みを始めます。日本人の感覚としては、言いふらす人間の方が破廉恥で役人の資質に欠けてると思うんだけどな。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-22 01:49 | 大王世宗【終】

大王世宋 第77話「世子の四輔星」

 集賢殿入りを一度は断ったものの、ファン・ヒが迎えに来たことで一緒に集賢殿に行くことになったシン・スクチョン。彼にとって父シン・ジャンは仕事の話しかしない仕事人間でした。その父を過労死させた集賢殿と王様が嫌いですが集賢殿に入ると父の面影や学士の熱意がそこここに残っていました。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

More
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-12-18 02:00 | 大王世宗【終】

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧