中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

帝王の娘スベクヒャン 35話

c0202812_111171.jpg
 ネタバレ有りですので、お気を付け下さい。
 邪悪な王女が絶好調! 対して王妃様が可哀想。目が合ってしまったソルランとソルヒはどうするのか!?

★★ポチッと押してweb拍手を送る?★★
ブログランキング・にほんブログ村へ



 王妃の誕生日の宴にいた“スベクヒャン王女”(=ソルヒ)と目が合ったソルラン! でも宴の場は王妃の父であるヘ佐平の裏切り疑惑で騒然としていて確認出来る状態ではなかった。
 ヘ佐平は投獄され、その知らせを聞いた王妃はスベクヒャン王女を呼びつけてヘ佐平の密偵疑惑を撤回するように迫るが逆に「罪人の娘らしく静かに暮らすように」と見下されてしまいます。怒りと悔しさの余り気絶してしまうのでした。
 突然一人で宮中に来たソルヒを王様の娘だと信じて優しく接してくれた人に対して酷い仕打ちです。そして“王妃”に対して凄く不敬な態度です。

 王はヘ佐平の動向を白日の元に曝すことにして潔白を証明しようとします。それには真の高句麗の密偵を探し出すことが必要なのですが、ウルミル将軍と通じているのが王女なので難しいかもしれません。

 ソルヒはソルランが百済から居なくなっていないどころか記憶も元のままだと気付いてサドを叱責します。サドは必ずソルランを百済から追い出すと約束しますが、苦しい立場ですね。ソルヒの見た目に騙されるな! と言ってあげたいです…が、もう無理か。

 ミョンノンは何故スベクヒャンが高句麗の密偵に拘るのか? という疑問を王様に投げかけますが、娘可愛さに心の瞳が曇っている今の王様には届きません。王女を見守ってくれと言われてしまいました。

 その遣り取りを聞いていた王妃は、結局王様は王女の味方なのだと落胆します。そしてチェファのことを死んでも尚王様の心を独占している憎い女というばかりでなく、邪悪な王女を生んだ女として更に憎んでしまうのでした。

 王様にヘ佐平を許して貰おうとスベクヒャン王女の機嫌を取ろうとする王妃。贈り物の使者としてソルランを送りますが、正体がバレたくないソルヒは追い返してしまいます。それでも待っているソルランに自ら記憶を失う薬を飲ませようとするソルヒでしたが、その時にはもうソルランは戻ってしまっていました。

 ソルヒはウルミル将軍との取り引きで、百済の王様を暗殺しようとしている刺客を自分が抹殺して手柄にする……と言ってましたが、その刺客が実の父親のクチョンとは知らないんですよね。そして殺しちゃうんだぁ。

 王様も皆も、王宮に迎えた頃の王女の変貌ぶりに違和感を感じないのかな? 王妃はその権限で、王女を結婚させて王宮から追い出すことも出来る筈です。それでなくともスベクヒャン王女はもう20歳くらいなので通常なら「嫁き遅れ」なのですから焦るべきなのですよ!
 がんばれ、ウネ王妃!!
[PR]
by mayoi-maimai | 2015-03-11 01:12 | 韓国ドラマ

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧