中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

韓国ドラマあれこれ(3)

 衛星劇場では『インス大妃』の放送が終り次週からはチェ・スジョン@キム・チュンチュの『大王の夢』が始まりますね。全80話の長丁場ですが、個人的にはチェ・スジョンは好きですし『善徳女王』と比較して観てみるのも楽しいのではないかと思っています。なので視聴予定してます。
 17日(金)の夕方5時~はBSスカパー!(BS241)で1話と2話が先行無料放送されるようですよー。

 10日は『アラン使道伝』Vol.1~Vol.5とか『屋根部屋のプリンス』Vol.6~Vol.10のDVDレンタルが開始されたので、いくつかレンタルをしてしまったのでした。

★★ポチッと押してweb拍手を送る?★★
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



■『インス大妃』放送終了
 全60話をなんとか視聴し終えました。個人的に面白かったのは23話までのインス大妃の少女時代ですかねー。世祖が死んだ以降は姑と嫁がタックを組んでいて主役の影が薄~い。廃妃ユン氏は全く品格に欠けているけどそれに気付かない成宗がマヌケにしか見えないという残念さでした。インス大妃曰く「涙と溜め息で王妃になった女」とは素晴らしい指摘でした。
 ラスト近くは…なんというか、『王と妃』の踏襲にしか見えなかったです。実録にでも記されているのでしょうか、ヨンサン君が廃妃ユン氏を追尊する儀式にインス大妃を参列させようとすると「私は何度でも廃妃の墓に毒薬を供えましょう」と絶対に廃妃を許さない大妃の台詞までそっくりでしたし、インス大妃が亡くなった為に準備万端だった廃妃ユン氏を追尊する儀式がオシャカになった時、強風が吹き荒れる中でヨンサン君が祭壇で暴れるという様子も同じでしたねー。
 『王と妃』と同じチェ・シラさんがインス大妃を演じましたが、目新しさに欠けたシナリオだったのが残念でしたー。やっぱ『王と私』で描かれた廃妃ユン氏は斬新でしたが私は好きでしたねー。

 DVDはNHKで出しているようです。となるとBS・地デジでの放送はNHKってコトでしょうか? でも『太陽を抱く月』の次は『馬医』って既に決まっているし、同時期に時代劇を2本とは考え難いですよ。
 しかしBSと地デジで同時に『トンイ』の再放送をしているのは変だなぁと思ってはいるのでBSの方を打ち切って『インス大妃』という方法もアリとか?

■屋根部屋のプリンス
 WOWWOWで1話を無料放送で観たのでラストが気になっていました。最終巻だけDVDをレンタルしてみたところ……私の中ではハッピーエンドのカテゴリーには入らずで残念っ!!なラストでした。
※ここからはネタバレです
 イ・ガクとパク・ハは2人きりで結婚式を挙げたものの、誓いの言葉の後のキスの直後にイ・ガクが朝鮮時代に戻ってしまい二度と会う事が無いという悲劇!!
 朝鮮時代、池に浮いていたのは嬪宮ではなく実は妹プヨンの方だったということ! 世子の異母兄と手を組んで嬪宮は家族ぐるみで世子を毒殺しようとしていたことを知ったプヨンは毒の入った干し柿を自分が食べることで計画を阻止し、毒死する自分が嬪宮と入れ替わって入水自殺に見せかけることで家族を救おうとしていたのでした。結局は発覚して処断されちゃったね。
 側近たちは大好きなオムライスを朝鮮時代で再現して一儲けしたり。でもケチャップの材料のトマトって何時韓国に伝わったんでしょうかね?? そして、オムライスは日本生まれだぜ~~。

 ということで、民放BSで放送されることがあってもコレは観ないかもです。

■アラン使道伝
 イ・ジュンギ除隊後初出演ドラマという話題性満点なのでミーハーな私は取り敢えず1話だけでも観ようかなぁという感じでした。ユ・スンホ君もサモさん(@ペク・ドンス)と共に出てるし。
 レンタル開始日の10日の午後にGEOに行ったら既に全巻貸し出されててビックリ! 各巻6本ずつの入荷だったのに、イ・ジュンギ人気って凄いのねーーーー。
 因みに私はイ・ジュンギのドラマは観た事無いです。映画『王の男』では……カム・ウソン(@近肖古王)さんしか覚えてないわぁ。なんというか、燕山君の愛人やらされてた旅芸人???

 内容はというと、生前の記憶が無い女幽霊のアランが記憶を取り戻す為に幽霊を視る能力を持った使道(=イ・ジュンギ)をコキ使うという内容。行方不明の母親の簪をアランが持っているので記憶の中に母親の消息も含まれているから渋々協力してしまうって振り回されるのが面白いんだけど、なんか微妙。
 韓国の幽霊ってイロイロ不便だなぁとか、韓国の死神さんは怨霊狩りに励んでいたりするのねぇとか、日本の幽霊や死神とは少し違ってて新鮮です。あ、日本独自の死神は居ないか。

 吹き替え版でイ・ジュンギを担当しているのが石田彰くん。エヴァンゲリオンの渚カヲルとか、ガンダムSEEDシリーズのアスラン・ザラとか、戦国BASARAの竹中半兵衛とか、最遊記の八戒などの声優さんで~す。

■馬医
 40話まで観ました。コレに関してはBSでの放送日が決まっているのでネタバレは最低限にしようと自重してみます。敢えて語るなら、『宮廷女官チャングムの誓い』の医女編と『ホ・ジュン~宮廷医官への道~』と『商道』をミックスしたように感じました。なのでイ・ビュンフン監督作品にしてはシナリオに奥深さが足りないが気がします。延長されなかった誤算なのか、37話以降に出てきた新ライバルキャラがイマイチ活躍できてない気がするのですが今後に期待でしょうか?

 他には『太陽を抱く月』とか『武人時代』も観ていますが、特に書きたい感想も無いので割愛いたしま~す。
[PR]
by mayoi-maimai | 2013-05-15 00:20 | 韓国ドラマ

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧