中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

SF? ファンタジー?『イニョン王妃の男』

 衛星劇場で放送されていた『イニョン王妃の男』が最終回を迎えました! 昨年韓国で流行した(?)タイムスリップ系のラブストーリーですが、『信義』や『Dr.JIN』と違うのは過去の人が現代に飛ばされて来ちゃって偶然出会った女性と恋に落ちる…………ってトコでしょうか? あ、『屋根部屋のプリンス』も現代に飛ばされてたかー。

 まぁジャンルはともかく、視聴していくうちに超ハマッてしまい最近のドラマでは一番のお気に入りです。1話あたりの放送時間もCM無しの50分前後なのでBSで放送しても最低限のカットで済みそうなのも嬉しいですね。BSで放送されたらHD版をCMカットして録画しようかと思ってるくらいなので、ラスト数話をさらっとレビューしてみようかと思います。
 続きからは1話から終盤までのあらすじです。

★★ポチッと押してweb拍手を送る?★★
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



 過去の時代は朝鮮王朝19代王粛宗の治世。「張禧嬪」や「トンイ」の時代です。成均館で校理をしている正五品のキム・ブンドは南人派が西人派がを清した時に両親と妻とお腹の子供を喪い、文臣でありながらも密かに武術を身に付けて、廃位された王妃を復位させることを悲願としていました。
 となると南人派からは命を狙われることとなります。そんなブンドの身を心配した元使用人で現在は妓生のユンウォルはお寺から授けられたお札をブンドに渡すのでした。
 南人派の重鎮で右議政のミン・アムが廃妃を暗殺するように命じた手紙を入手したブンドをミンの部下が襲い、絶体絶命のブンドが死を覚悟して閉じた目を開いてみると観た事のある建物だけど見たことの無い服装の人や物体が目前に広がっていたのでした。
 過去ではブンドが突然消えたので刺客たちは戸惑うばかりです。

 現代、売れない女優のチェ・ヒジンはドラマ『新・張禧嬪』のイニョン王妃役のオーディションに臨んでいました。粛宗役には元カレのハン・ドンミンが決まっていて、ドンミンはヒジンに復縁を迫っていました。でも浮気性のドンミンにうんざりなヒジンは復縁する気は毛頭無くて、ヒジンのマネージャーで同居人で良き理解者で保護者的なチョ・スギョンもドンミンを毛嫌いしていました。
 そんな中、イニョン王妃役にヒジンが大抜擢されることに!! 浮かれたヒジンが差し入れのお菓子を持って撮影現場に行って偶然出会ったのは朝鮮時代から飛ばされて来たキム・ブンドだったのでした。

 奇妙な偶然で巡り会ったキム・ブンドとチェ・ヒジン。ブンドは柔軟性のある性格で、自分がユンウォルから貰ったお札のご利益で死に直面すると未来に飛ばされるということを理解し、図書館で「朝鮮王朝実録」を読んで自分や王妃がどうなる運命かを知ると過去と現代を行き来して現代の利器(飛行機など)を使って
ミン・アムを追い詰めて王妃の復位を実現します。
 一方でブンドは偶然出会ったヒジンとの交流を深めて次第に想いを通わせるようになり、先祖が太宗大王から拝領したという家宝の刀を売ったお金で高級車をヒジンにプレゼント! ヒジンはブンドにベタ惚れです。

 そんな中、ブンドが過去に戻っていた時に刺客によってお札が切られて奪われるというアクシデント発生!! ブンドはお札のご利益で過去と現代を行き来していた数ヶ月の記憶を失い、ヒジンはブンドと過ごした記憶はあるもののブンドの存在しない別の記憶もあって混乱の日々を送っていました。でもヒジンの心は現代には実在しない筈のキム・ブンドへと傾いています。

 切られたお札を繋ぎ合わせて奪還したブンドは記憶を取り戻して現代へ。ヒジンと一夜を共にしたブンドは過去を捨てて現代でヒジンと共に生きようと決心するのでした。その準備の為に一旦過去へ帰ったブンドはお札の秘密に気付いたミン・アム達による策謀によって公衆の面前で矢に射られたのに姿を消すという怪しい術を使う人物の疑いをかけられ、更には復位した王妃との密通疑惑までかけられてしまうのでした。

 現代の医療技術によって命を取り留めたブンドは自分が消えたことで歴史が変わり朝鮮王朝実録が書き換えられていて、イニョン王妃がブンドとの不義密通の罪で斬首されたことを知ります。するとブンドを死なせたくないヒジンが止めるのを振り切って過去へ帰り粛宗に全てを話すと、王室の権威を傷付けた罪で自分を殺すように願い出るのでした。
 ブンドの真の狙いは現代の医療技術で、実際にブンドは矢を身に受けて瀕死の状況で朝鮮時代ならば治せない重篤な怪我の状況でしたが事前に使用人に遺体(?)を運び込む場所(病院の真ン前)を教えておいたので、お札のご利益によって現代で治療したブンドは命を取り留めてミン・アムの処刑を自分の目で確認します。そしてキム家やユンウォル他の使用人の今後の身の振り方を世話すると改めて現代で生きる為に時代を渡りヒジンと愛を確かめ合うのでした。

 ここで最終回でも良かったのになぁ…………と思ってしまいました。2人というかブンドには更なる試練(?)が待っています。

 終盤のレビューは次回で~~~す。天国と地獄を行ったり来たりで切なくてハラハラしますが、ラストに向けてのメリハリでした。視聴者の心を掴むのが上手な無脚本でしたね!
[PR]
by mayoi-maimai | 2013-04-06 02:21 | 韓国ドラマ

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧