中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

『サイン』 16話~18話

 カン・ソヨン側がいつもいつも先手を打っていて証人や証拠が次々と消されていきます。ジフン、ダギョン、イハン、ウジンたちが“真実”の為に社会的地位も投げ打っての捜索に対する対価は苦労に見合ったものになるのでしょうか? それともソ・ユニョン事件はお蔵入りとなってしまうのでしょうか?

 韓国ドラマを観ていると、韓国のセレブ階級は権力とお金があれば殺人だって隠蔽できると思っている反吐が出るほど腐っている連中の巣窟にしか見えないですねー。韓国は法治国家じゃないのか。そしてそんなドラマが高視聴率だったりするのだから理解できないお国柄かもデスネー。

 続きからはザックリとしたネタバレですので、未だ知りたくないワという方はお気を付け下さい。

★★ポチッと押してweb拍手を送る?★★
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



 解剖によりジフンが推測したチュ・ソヌの死亡推定時刻の午後7時にチュの泊まっていた部屋にカン・ソヨンが入ったのを見た客を探し出したイハン。しかしイ・ミョンハン院長の主張するチュの死亡推定時刻は午後11時。イ院長の理論を聞いた後で法医官の多数決ではイ院長の理論に軍配が上がりました。これによってカン・ソヨンのアリバイが証明されてしまったのでした。
 真実は、チュの死亡時刻はジフンの主張した通りの午後7時。恐喝してきたチュに海外で暮らすのに必要なお金をソヨンが渡し、代わりに遺書を書かせた後に雇った男たちにチュを殺させて午後11時に投げ落としたのでした。
 この結果から検事総長は辞職、チェ部長も課長に降格されてしまいました。一方でカン・ジェンヒョク議員の支持率は上がる一方です。

 ダギョンは殴打殺人を追いかけていました。容疑者のアリバイの空白時間に被害者の死亡推定時刻を偽造すれば逮捕できる……と一旦は書き換えてしまいますが、ダギョンを訪ねてきたジフンが気付いて思い留まらせます。ダギョンはジフンを5年間意識不明の妹が入院している病院に連れて行き、そこで自分が法医官になった理由を話すのでした。そこでダギョンは妹のダヒの心臓が弱ってきていて移植か人工心臓にしないと長くは持たないと言われてしまったのでした。しかしドナーを見つけるのも、費用を工面するのも難しいので父親と相談してダヒを楽にしてやろうと決めたのでした。

 チュはホテルの従業員にジフン宛ての封筒を託していました。その封筒の中の紙には、ユニョンを殺した時にソヨンが使ったクッションは未だソヨンの家に在ると書いてありました。早速令状を取ってソヨンの家の家宅捜索すると青いクッションが押収されました。
 イ院長はダギョンが証拠品を持っていると突き止めていて、彼女の弱味を握り気道に詰まっていたクッションの繊維を渡せば心臓移植のドナーを提供すると取り引きを持ちかけますが拒否されたのでした。
 しかしイ院長はダギョンだけでなく、ジフンのチームの背の低い助手に証拠品をすり替えるように買収していたのでした。そのせいでソヨンのクッションと証拠品の繊維が一致することはありませんでした。

 ジョギングしながらコンビニでバイトしている殴打殺人の容疑者を見張っているダギョンは、店内に容疑者の姿が見えないので不思議に思っていると……また第一発見者になってしまいました。容疑者のアリバイは??
 捜査に協力し始めたジフンは容疑者がゲームのシナリオを持ち込んだ会社を訪ねます。そこで容疑者の書いた没になったゲームシナリオを読むと殴打殺人と同じ内容でした。となると、次のターゲットは学校の先生?

 容疑者を張り込むイハン。先輩のいいつけで食糧を調達しに行っている間にチョン・ウジンがコンビニで買い物をしました。容疑者は見た目から学校の先生と思い込みます。容疑者は倉庫に行くとみせかけて行方不明になり、ウジンは何者かに頭部を殴打されて意識不明に陥ったのでした。イハンは現行犯で容疑者を逮捕しますが凶器が見つかりません。 そして容疑者の拘束中にもシナリオ通りに殺人が続きます。
 共犯者を捜そうと、シナリオの内容を知っていると思われるゲーム会社の社員の調べますが全員「白」なようです。社員の中に容疑者と同じ癖を持つ人もいましたが…。

 次のシナリオは“誕生日に幸せそうなカップルを10人殺す事”で、新た被害者を出さない為にと、被害に遭った学校の用務員と軍人をイ院長とジフンが1体ずつ同時に解剖して比較することになりました。夢の競演ですね!! その結果導き出された犯人像は、肩を痛めていて腕が上がらない人となりジフンは社員の中に肩を痛めていた者が居たことを思い出します。大至急会社に行くと共犯者は誕生日当日で、既に退社していました。

 容疑者と母校が同じだったダギョンは高校に行って調べます。そこで容疑者の唯一の友人が共犯者だったことを突き止め、いつもデパートの噴水の前で待ち合わせしていたことをジフンに伝えます。
 その噴水の前でターゲットを物色していた共犯者を見つけたジフンは、間一髪のところで事件を未然に防いだのでした。
 共犯者を尋問すると全て自分一人でやった事だと主張し、目を覚ましたウジンも共犯者1人しか見ていないと証言したので又しても容疑者を釈放することになってしまいました。

 シナリオのラストミッションでは今まで見逃してきたイーグルを殺害すると書かれていて、それをダギョンかも知れないと読んだジフンは慌てて科捜研へ!
 そして深夜、科捜研で残業していたダギョンの前に容疑者が姿を現したのでした。
[PR]
by mayoi-maimai | 2012-05-12 00:40 | 韓国ドラマ

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧