中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

『ペク・ドンス』 8話

 ドンスの性格設定である、自分に対する過剰評価は一体何を根拠にしているのかなぁと。 自分は将来朝鮮一の剣客になる予定、自分は超有名人、自分のする事は正しい、女性は皆自分を好きな筈などなど……。 フクサモの育て方が悪かったと言ってしまえば終りですが、どんな育て方をしたら12歳まで全身装具を着けていて不自由な暮らしをしていたのにこんなお調子者に成長するのだろうと思ってしまいました。
 しかし主役の特権というのか、そんな性格のドンスの無茶苦茶な行動が結果オーライな方向に収まるので付き合わされるウンとチョリブは大変というか命がけだぁ。

 続きからは激しくネタバレバレですので、未だ知りたくないワという方はお気を付け下さい。

★★ポチッと押してweb拍手を送る?★★
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



 夜に憧れの尼僧のユ・ジソンに会いに行ったドンスは、尼僧の部屋を男性が訪問しているのを見て驚いて帰ってしまいました。
 フクサモの家を訪れた“天”はグァンテクと再会しに来ただけ言って酒を酌み交わしただけで去って行きました。家の前で“天”と鉢合わせしたドンスは“天”の一睨みで動けない。って、デポを殺したヤツだと気付かないのは変だけど、気付いたら無鉄砲に向って行くので気付かなくて良かった!

 ウンは“天”に父を殺したのは誰かと尋ねます。「使えなくなった犬は捨てられる」としか答えない“天”にウンは世子か世子の命を受けたグァンテクではないかと聞くと、そうと臭わせるような返事に世子とグァンテクに対し憎しみを向けるのでした。

 再度ユ・ジソンの部屋を訪れた思悼世子はジソンからの問いである「私と“北伐の計”のどちらを選ぶのか」の答えてとしてジソンを選ぶと答えました。それを聞いたジソンは服を脱ぎ出して焦る世子に自分の背中を見せてこれが“北伐之計”であることと、父が命がけで彫ったのだと打明けるのでした。それを見てジソンを宮殿に呼ぶことにした世子でした。
 憧れの尼僧と男が逢い引きしていると勘違いしたドンスは見張りを振り切って部屋に侵入します。が、直ぐに護衛に捕まったものの一緒に来ていたウンやチョリブが加勢して一暴れ。でも敵いませんでしたー。(笑)
 ウンは世子の差している剣を見て思悼世子だと気付いて跪き、チョリブも右倣えで跪いたけどもドンスだけはこんな場所に世子が居る筈がないと信じません。しかしなんとな~~く、もしかしたら本人かも……と考え直してみたところ本人が正体を明かしたことで自分の犯した罪に震え上がるのでした。(爆)
 世子が壮勇衛の3人だと気付いたので見逃して貰うのでした。そして世子は下山していた3人を宮殿に呼ぶことにしたのでした。

 グァンテクに会う度に殺意を秘めた目で睨んでしまうウン。そんなウンの秘めた殺意などお見通しのグァンテクは何かと話しかけます。(ドンスとは未だマトモに話してないし会ってない!) グァンテクと世子に会ったことで父を殺したのは2人ではないと感じたウンは再度“天”に尋ねます。そしてとうとう自分が父を殺したと教えられ、ショックで封印していた記憶も戻り“殺星”の宿命も復活してしまうのでした。
 衝動的に自分に剣を向けて自害しようとするウンを止める“天”は、「武人」と「殺し屋」の違いは分らないが人を殺した相手の心の痛みを知った者こそが真の「殺し屋」で、ウンはその「殺し屋」になったのだと言うのでした。

 改めてグァンテクと顔を合わせたドンスとウンとチョリブ。ドンスは早速棒術で手合わせして貰いますが勿論負けてしまいます。しかしグァンテクは、ドンスは筋が良いとの評価です。
 3人は宮殿での宮仕えが決まり、手続きが終わるまで宮殿の修練場で待とうとしているとそこで練習している人たちのレベルの低さに失笑。それに気付いた人たちの反発を買い、「行動は慎重に」と注意されたばかりなのに大暴れしてしまうのでした。

 清の使臣滞在場所からイロイロと盗んだファン・ジンジュ。盗品の中には清の皇帝からの勅書も!! それに気付いたファン・ジンギは真っ青です。(字が読めるんだね~)
 勅書が無くなった事に気付いた使臣はホン・デジュに相談します。勅書の内容は「反清復明」(清国を滅ぼして明国を復活させる)で、老論派に不信を抱いた清国皇帝は朝廷の刷新を望んでいるし、勿論朝鮮王の譲位も望んでいるとのことでした。 でも思悼世子には警戒しているとも。 老論派の長で親清国派でもあるデジュは清国皇帝の不信感を遺憾として、清国に忠誠を誓うのでした。   ん~~、ちょっと意味が分らないよん。(苦)
 勅書は朝鮮一の盗賊ファン・ジンギが盗んだらしいと突き止めたデジュは黒紗燭籠に依頼。引き受けたのは“地”で、事前にジンギに連絡して勅書を渡して貰うと「ファン・ジンギはもうこの世には居ない者だ」と言い、娘の名前を聞いて去って行ったのでした。



 作中では描かれてないけど、ヨ・チョサンの死体の傍に“黒”の手ぬぐいがあったとか、デポを殺したのは“天”だとか、赤ん坊ドンスがどんな過程でフクサモの元に戻って来たとか、いつドンスの装具が外れたとか、壮勇衛のこととかをフクサモはグァンテクに説明したのでしょうか??? すんごく気になるんですけど!!!
[PR]
by mayoi-maimai | 2012-05-05 17:14 | ペク・ドンス【終】

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧