中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

『製パン王キム・タック』 28話

 冒頭部分から「???」でした。前回の最後では車に乗せられたキム・ミスンを走って追いかけるタックで終わってたのですが、今回の冒頭では走って逃げるキム・ミスンをハン室長の手下達が追い掛けてました。更にはタックも追いついて母親を捜してます。何時、どうやって車から降りたんでしょうか? タックはどうやって追い付いたのでしょうか??
★★ポチッと押してweb拍手を送る?★★
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



 キム・ミスンを捕まえた手下たち。タックも追い付いて母親に近寄ろうとしますが手下のリーダー格に殴られます。何度殴られても諦めないタックにキム・ミスンも「もう止めて、逃げて」と叫びますがタックは諦めない。キム・ミスンを押えている連中はタックとキム・ミスン親子の遣り取りに涙しています。(笑)
 「俺は何度殴られても諦めない。14年間ずっと捜してた母さんがそこに居るんだ。あと何回殴れば母さんに会わせてくれる?」 と訴えるタックに手下たちも根負けしてタックを通してあげちゃいました。14年ぶりの感動の親子対面に手下たちも貰い泣きです。チンピラも人の子ってことですね………。
 タック親子を残して引上げる手下たち。それを遠くで見ているジング。
 てか、警察に通報しないのは何故なのか? タックを連れて来た秘書はこの間に何をしていたんでしょうか?? そりゃ、携帯電話も無い時代だから通報の手段が無いのかも知れないけどー。韓国には公衆電話って少ないのかな??
 タックは母親をパルボンベーカリーに連れてきました。しばらくはそこで暮らすみたいです。何故病院に戻さないのか? とか、ユン医師たちには知らせたのか? という疑問は放置ですね。

 ハン室長はタックと母親を逃がした手下を厳しく叱責。しかし金よりも人情を選んだ手下たちに背を向けられてしまうのでした。ジングは1人の方が仕事がし易いと言いますが、ジングに殴られたと言う男が半室長の命令でジングを監視しています。
 イルジュンはジングと電話で話しをしていて、何かハン秘書が持っている書類を捜すように指示していました。タックにコソンを率いさせるには自分が始末をしないと…って言ってます。ベッドに戻ろうとしたイルジュンは半身麻痺が残っていて上手く歩けずに転び、物音を聞きつけて部屋に来たジャギュンに見られてしまいました。意識が戻っていることは誰にも秘密にするように約束を求めるイルジュンに、意識が戻っていたのに黙っていた理由を聞くジャギュン。イルジュンは「真実を知る為」としか言いません。

 青山工場でまたもやトラブル発生! これで何度目かの出荷停止に陥り、関連業者からは賠償を請求されています。工場長は「だからこの工場は終りだと言ったんです」と開き直り。
 何が一番不思議って、何故この工場長に責任を問わないのか? ということです。工場の不始末に無関心だし無責任。何故降格とかさせないのでしょうか? 例えば従業員から慕われているからとかでもなさそうなのに……。
 広報室からはジャギョンが、差し止めた新聞記事を山程持ってきてクレームです。事態の収拾方法は正直にぶつかってみるしか無いと言うタックにジャギョンはコソン全社員の生活を背負っているのに無責任過ぎると激怒! そこでタックはジャギョンにどうすれば良いかを訊ねましたが、今度はどうして私が教えなくちゃならないの!? と言われてしまいました。ジャギョンは現在の地位になるまでに地道に5年かかったのに、タックやマジュンは会長の長男・次男というだけで会社の代表や開発チーム長のポストを与えられたのが悔しかったようです。 それでもタックは自分はジャギョンの弟だし、ジャギョンは誰よりも会社や社員のことを心配しているから教える義務がある…みたいな言い方をして説得を試みます。

 パルボンベーカリーに帰るとキム・ミスンとミスンがタックを待っていました。ミスンはタックの為に特製チーズケーキを造ってくれてて、匂いでカマンベールが入っていると当てるタックは一口食べて止めてしまいました。食欲が無いと言うので仕事が上手くいってないんじゃないかと心配するWミスンです。

 取引先に頭を下げに行ったタックでしたが青山工場で造るパンの味が昔と違うのでダメだと言われてしまいます。工場に戻ったタックにジャギョンは何を………?

 結婚式後のマジュンとユギョン。式の時の誓いの言葉を躊躇したユギョンに「タックのどこが好きか?」と訊ねても「式を挙げた夜に話すこと?」とはぐらかされました。マジュンは追求せずに、ユギョンに渡したブレスレッドの秘密を語ります。
「12年前から隠していた秘密がある。俺はな…………(何故無音声にする?)」
 マジュンの告白に驚くユギョン。何故そんな話を自分にするのかと聞けば「夫婦の間に秘密は無しだ」と言うと休むように言って自分はクラブで友人(?)たちとオールでした。
 ユギョンは仕事を終えたマジュンを捕まえて、タックのどこが好きかという疑問に答えようとします。タックと居ると自然に笑えて、悪党な自分が善人になったような気になれるのだそうです。ユギョンの何処が悪女ですかね? 大したコト無い気がするし、自分は悪女だと思いこんでいるだけじゃないのかな?
 マジュンを拒めなかったのは、自分に似ていて可哀想だったから。それを聞いたマジュンは内心ショック! 結局2人は行くところまで行くしかないと、マジュンは夜な夜な遊び歩くしユギョンは派手な化粧をしてブレスレッドの秘密をチラつかせてインスクを追い落とそうしとます。動揺するインスクの様子を見たジャギョンは12年前の夜のことを思い出すのでした。

 イルジュンが寝ている部屋にハン室長を呼び出したインスクは別な部屋に移って12年前の夜の事を話し始めます。ユギョンがマジュンにあの夜のことを聞いたらしいこと。しかし12歳のマジュンが秘密にし続けるのは不可能だとかナンとか話していると2人はイルジュンが立ち聞きしていたことに気付き愕然とします。イルジュンは母親の死に2人が関わっていると知って「絶対に許さない」と大激怒!!! ところで脳出血の人が激怒して大丈夫なのか??
 そしてそんな3人の様子をマジュンが見ていたのでした。

 あと2回ですね。
[PR]
by mayoi-maimai | 2011-10-19 22:24 | 韓国ドラマ

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧