中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

赤と黒(悪い男) 第12話「亀裂」

 中身が濃いドラマですよね~。脇役陣の中ではアクセント的な存在のクァク班長が割りとお気に入りです。人情派の親父ですね! カツ丼とか食わせてくれそう。(笑) ソニョンの件が解決したらもう出番は無いのかな? クァク班長は日本警察でいうところの捜査一課(殺人担当)だろうから株や横領は畑違いだろうし……。

★★ポチッと押してweb拍手を送る?★★



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
 ゴヌクはソニョンの遺品を燃やしてしまいました。テソンの部屋から持ってきた服や、アメリカに届けられた手紙とか。
 ホン家から追い出された後、両親も迎えに来なかったテソン(ゴヌク)はストリートチルドレンになっていたらしく、その中でも仲間にイジメられていたところをソニョンに助けられて施設に引き取られたのですね。ソニョンはテソン(ゴヌク)をいつも気に留めていてアメリカに行った後でも手紙の遣り取りをしていて、ソニョンが里子先から逃げ出した事とか高校を卒業した事とか、テソン(ゴヌク)がアメリカから戻ってくることを楽しみにしていることとかが書かれていました。
 ソニョンの墓参り(?)を済ませたゴヌクは改めて復讐を続けることを決意します。

 ゴヌクがソニョンの墓参りに来るに違いないと思って張り込もうとしてたクァク班長でしたが、既にゴヌクが帰った後でした。しかし焼却炉の中から燃え残った手紙を発見します。
「ごめんなさい。テソンさん無しでは生きていけない」
 手紙に書かれていたこの言葉が決め手となってソニョンの死は自殺と断定されました。でもクァク班長はゴヌクのことを気に掛けていて食事に誘います。
 クァク班長は、死んだソニョンが「助けて」と言っていた気がしたがそれは違っていて、本当は「止めてあげて」と言ってたのだとゴヌクに語ります。そしてゴヌクに、刑事は事件が起きる前に事件を止めることは出来ない、事件が起きてからしか動くことは出来ない。全てを許してやれと説得しますが、ゴヌクは自らの過ちにも気付かない連中をどうして許せる? と説得を受け入れる気は無いようでした。それでも、いつかチャン監督たちのように笑える日が自分にも来るのかな…と寂しそうでした。

 ジェインに逢おうと待ち伏せしていたテソン。ジェインとジェイン母と妹のウォニンに出会い、何も知らないジェイン母は厚かましくもテソンの車に乗せてもらって自宅に送って貰います。そして自宅に招くと食事を一緒にしながら話が弾むと自分がヘシングループの息子だと告白。ジェイン母は驚きと供にはしゃいでジェインを売り込もうとします。ガツガツした庶民感丸出しで、娘としては恥かし過ぎる行為ですね!
 テソンを車まで送っていく途中でジェインの携帯にクァク班長からソニョンの死が自殺と断定されたとの出羽が入りました。ゴヌクの疑いが晴れたと死って安心したジェインはテソンに慰めの言葉を送ります。その様子を偶然見ていたゴヌクがキレてテソンを責めるような発言をした為に、「何も知らないクセに」とジェインが怒ってゴヌクに謝罪を要求します。おかげでテソンに対するゴヌクの憎しみが燃え上がっちゃったよ?
 あれ~~? 前話のラストで悲しんでいるゴヌクを抱きしめて泣かせてやったのはジェインなのに、何故ソニョンの死に無関係だと思ってんの? ゴヌクがどうして涙していたか、その理由が何だと思っていたのかな? 警察に疑われて悔しかったからだと思ったのか?
 ゴヌクは幼い頃の自分が誰かに首を絞められた時のことを夢に見てうなされます。

 テギュンの株価操作に一役買っていた投資家が海外逃亡をしようとしていました。テギュンはマスコミに暴露したのがテソンだと思い込んで八つ当たりです。そんな能力無いのにねぇ。 テギュンは父である会長命令でアメリカへと向うと、泥酔状態で車を運転した挙句に事故を起こして死んでしまったのでした。
 ゴヌクの復讐のパートナーはテギュンに損をされられた末に自殺した“先輩”の弟のようでした。彼にとってもテギュンの事故死は想定外で、確かに一時は死を望んでいたが現在は法の裁きを受けて欲しかったとのことでした。
 テギュンが死んだことで、彼が所有していたヘシンの株が財団に戻されたことで筆頭株主はテラになったようでした。そしてテラは近々ヘシングループの副会長に就任するという情報が。

 テギュンの死の悲しみに包まれるホン家。会長はテソンに長男としての務めを求めますがシン夫人は認めようとしません。テギュンの為に涙を流さないテソンに、テギュンを陥れたのはテソンだと決めつけていつか魂胆を暴いてやると暴言を吐き続けます。それを見ているゴヌクも辛そうですね。
 テソンはテラに、テギュンと親しくなかった自分はともかくテラが涙を流さないのは何故かと聞きます。テラは会社のこととかを考える事の方が先だからと答えますが、一人になると悲しみに涙を流していました。それを見たゴヌクがテラを優しく慰めて抱きしめると「傍に居て」と言われて自然にキスする二人。
 テギュンの死に対する弔辞電報を届けに来たジェインは偶然にもゴヌクとテラのキスを目撃! 更にはモネにも見られてしまいました!!(キャーッ!!

 テラの夫のパク検事がテラとゴヌクの関係を疑い始めたみたいですね。テラとパク検事は政略結婚だったので、結婚以前に付き合っていた女性とは現在も続いているとか。そしてテラにも愛人が居ることを突き止めて弱味を握り、自分が優位に立とうとしているんじゃないかな? とにかくもう夫婦関係は破綻してんじゃないの?

 自分的にはジェインよりもテラが子供まで産んでいるのに純粋で健気で可愛くてお気に入りなので、ゴヌクがテラに株狙いじゃなく本気になってくれたらなぁと思ってます。結末はアレなんだけどもね……。ゲフンゲフン
[PR]
by mayoi-maimai | 2011-09-14 01:20 | 赤と黒

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧