中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

放送終了「女人天下」

 BS日テレでの放送が終了した「女人天下」。 以前にも144話と145話をDVDで観た後にレビューや感想は書きましたが、通して見た後だから思ったコトをもう一度書こうと思います。

 “朝鮮三大悪女”の一人であるチョン・ナンジョンの生涯を描いたドラマでしたが、私的にはナンジョンが歴史に残るような“悪女”とは感じられなかったです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



 そりゃあ正妻を毒殺したり、仁宗を毒殺したり、沢山の人々を騙したり陥れたりはしましたが私にはそれが痛快とさえ感じられました。男尊女卑が強い時代に女が天下を牛耳る。女子視点ではカッコイイじゃないですか! ウォンヒョンみたいに贅沢してないみたいだし。
 ナンジョンが寺に多大な寄付したなら寺が民に配れば良かったのであって、寺が欲に走ったんじゃん!! 苦しい暮らしをする民を見捨てたのは寺だったのです!! 寺が炊き出しをして民に施せば仏教は広まるしナンジョンの善行も広まって恨まれなかったのに。
 ダメじゃん、仏教………。(汗)

 中宗が余りにも軟弱だったせいか、強い女子が集った時代とも言えるのでしょうか?
 BS11で放送中の「妖婦 張禧嬪」のオクチョンが敬嬪に似ていると思ったので、文定王后が居なければ敬嬪も悪女だったのかも知れませんね。

 個性的な女性キャラが沢山登場した「女人天下」。その中でもナンジョンとメヒャンとヌングムの三人の同世代の女性の生き方それぞれを比較しながらドラマを進めて行くのだと最初は思っていたのですが、先ず最初にヌングムが早々と脱落。
 1話冒頭の会話からキルサンを巡って最後の最後までナンジョンとの悪縁が続くのかと期待していたのに、前半でチャン大人に明に送られてしまったきり登場無し。新オープニングにも出てたから何時登場するんだろう? と思っていたのに凄い期待外れな扱いでした。名前も出なかったので新OPに必要無かったんじゃね??

 私の勝手な妄想だと、明でチャン大人の想像以上に成功したヌングムが、財産を失って明に帰ったチャン大人に代わってキルサンを殺した(原因を作った)ナンジョンを陥れる為に朝鮮に来て、でもやっぱりナンジョンに勝てなくて方法を変える。商売を優先してナンジョンと組んで大儲けする…とか。 そして文定王后が亡くなってナンジョンの状況が悪くなるとサクッと見捨てて明に帰ることで最後の勝者がヌングムになった…とかでも面白かったのでは?? ヌングムの脱落は女優さんのスケジュールの関係か何かだったのかな??
 キルサンってナンジョンとヌングムの関係を悪化させる“当て馬”的キャラだと思っていたのに、結局ヌングムは朝鮮を去り、ナンジョンには使い捨てられた感が……。とにかく、ヌングムの扱いに凄い不満が残りました。

 メヒャンは俗世を捨ててしまったという訳判らん退場の仕方でしたねぇ。イム・ベクリョンを科挙に及第させるには別れるしか無いって坊主に言われたからって、どうしてそれが出家になっちゃうのか? 要するにイムとメヒャンの双方に我慢が足りないから、極端な方法になったと思うのだけど。そもそもイムの我慢が足りなさ過ぎだったよね。「及第するまで会わない」と言いながらメヒャンの店を何度も訪れて、男が居ると怒鳴り込むという馬鹿な男。「メヒャンと会わない」より、断酒した方が良かったんじゃね? 酒で随分失敗したもんねぇ…………。
 最後にはウォルヒャンの情夫になっちゃうし、大した仕事もしてないのに明に行く途中に落馬して死んじゃうし。有名な儒者らしいけど、ドラマの中ではツマラナイ人物だったなぁ。

 ナンジョンの養母は山に籠もって仏様に祈願すると言ったきり退場してしまいました。「女人天下」の後は「張禧嬪」に出たのでしょうか?? ナンジョンの養父も故郷に帰ると退場の後は「張禧嬪」に出てましたね。スゲー中途半端な退場の仕方でした。チョン家の正妻と長女も中途半端…………。長男はナンジョンに寄生して、しぶとく終盤まで粘ったので良かったんじゃない?

 何気に凄い才能を発揮していたのが占い師のパンおじさんでした。人相占いと四柱推命を合わせた占いは驚異的な的中率! 「あんな恐ろしい女」と言ってたモリンの運勢を詳しく知りたかったな………。
 靴屋のおじさん。生まれる時代か生まれる身分を間違った儒者。結局、ナンジョンを導いたワケでもなく、イム・ベクリョンを及第させたワケでもなく、誰かの命を救ったワケでもなく、運命や宿命を知りつつも乱れていく世の中を遠くで嘆いてただけの人でした。
 タンチュ和尚。この時代の運命を握っていた人でした。この人の匙加減でナンジョンの運命が変わって文定王后が支配する時代が訪れたのですよ。もし、早々にナンジョンと巴稜君が父子対面していたら時代は相当変わっていたかも。 ナンジョンの“悪女”という宿命は変わらないし巴稜君の性格も同じなので、自分が王族だと知ってもナンジョンは天下を狙って巴稜君の反対を押し切って策を講じて中宗の側室になって敬嬪と文定王后の3人で泥沼の後継争いをして、ナンジョンが交泰殿の主になっていたかも。

 TVではCM込みで約50分の番組でしたが、DVDではCM無しで約70分。よくTV用にカットして話を繋げたなぁと思います。少なく見積もっても25分は切ってたんですよね? そのせいか最終話は前後篇で放送されましたが。

 放送が終了したばかりですが、13日AM10:00~から早くも再放送が始まりますね。1話冒頭をもう一度観ようと思います。
[PR]
by mayoi-maimai | 2010-08-12 22:18 | 韓国ドラマ

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧