中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

妖婦 張禧嬪 6話~8話

 南人と西人の勢力争い。

 南人の領議政の庶子であるホ・ギョンはその地位にあかせて空き放題していた。目を付けた女性を攫っては乱暴していたのだった。
 その事件を利用して朝廷から大勢の南人派を一掃しようと企む大妃や中殿の西人。淑媛もその陰謀に巻き込まれようとしていました。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村



 粛宗は体の弱い中殿ではなく、淑媛に王子を産んで欲しいと煎じ薬を与えました。宮廷内では王の寵愛を受けているにも関わらず今だ解任しない淑媛は子供の埋めない体ではないのかという噂が広まっていました。それを知った淑媛は強がって病床の中殿を見舞いますが逆に皮肉られてしまいました。

 中殿と淑媛はどちらも元子を授かろうとイロイロな言い伝えのまじないを試します。中殿は大妃に教えられた“月を食べる”という儀式に励み、淑媛は石像の鼻を削ったものを飲むとか、男児を多く生んだ女が生理時に使った布を身に付けるとかいう迷信を実行していました。

 大妃に淑媛の母親が輿のまま入宮したという話を聞きました。輿のまま入宮して良いのは大妃と中殿の母親だけなのに淑媛は傲慢になっているとの話に半信半疑だった粛宗でしたが、偶然にも淑媛の母が輿のまま帰るのを目撃して激怒して淑媛にはもう会いに来ないと絶縁宣言してしまうのでした。
 しかし直後に大後悔する粛宗。でも見得を張って淑媛に会いたくても会いに行かないで中殿に会いに行ってしまうのでした。
 粛宗の突然の絶縁宣言に戸惑う淑媛。そこへ淑媛を追い出そういう企みがあると聞かされて心配事が増えてしまいます。

 領議政の庶子の悪事が上奏されましたが、取調べに当たった義禁府が南人派だった為に揉み消されてしまいました。派閥争いに疲れた粛宗は淑媛に会いに行ったのでした。
 ようやく粛宗の寵愛を取り戻したと安心した淑媛の元に中殿が懐妊したとの知らせが入ったのでした。

 相変わらず画面が暗いですねぇ。どうして夜に出歩く時に灯りを燈さないのかが不思議。夜の室内では蝋燭1本で過ごしているし…リアル過ぎるのも良し悪し??
 朝廷の企みが“口パク”で済まされているのがつまらない。「女人天下」みたいに何をどうやって陥れるのかをハッキリさせて欲しいな。早くも飽きてきちゃった。
[PR]
by mayoi-maimai | 2010-04-29 01:32 | 韓国ドラマ

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧