中枢性尿崩症患者のつぶやき……の筈が、韓ドラ感想メインになってます。最近は二次創作にハマッてます。
by mayoi-maimai
プロフィールを見る
画像一覧

30年前、体調不良は春から

 私が中枢性尿崩症を発症したのは10才の時で、その時の私は小学5年生でした。

 私の担任の先生はその時校内で一番”厳しい”と噂されていた女の皆川先生でした。私が通っていた小学校は、1コマ45分の授業時間でしたが皆川先生は1コマ目と2コマ目の間に休み時間を設けずに連続90分の授業をしていました。

 いつ発症したのか、ハッキリした時期は分かりません。気が付いた時には、トイレに行かずに90分授業を受けられない…というようになっていました。

 
 



 授業中に手を挙げて「トイレに行っても良いですか?」と言うのにはかなりの勇気が必要でしたが、「お漏らし」したり、授業に集中できないことを考えると申し出るしかありませんでした。
 幸な事に、その事でイジメにあうこともありませんでした。

 しかし日常生活は変わっていきました。トイレに行く回数は増えるし、とにかく水が飲みたくて飲みたくて仕方がなくて、一度に牛乳を1リットルなんて普通でした。そして普通の食事が摂れなくなりました。

 口中が乾いてご飯を食べるのが大変でした。パンなどの乾いた食品、味の濃いものなどが食べられなくなりました。両親はそんな私を心配して、ファミレスに連れて行って好物を食べさせようとしましたが、既にジュース類しか受け付けなくなっていたし、食事中に何度もトイレに行くしで食べられなくなっていました。

 当時はトマトとレタスとキュウリとヨーグルトとリンゴくらいしか食べられない状態だったので、若干肥満気味だったのですが、当然激痩ですよ。
 夜も2~3回トイレに起きなくてはならなかったので寝不足になりました。

 母には「血液が薄くなるから水を飲むな」とキツク言われてしまいました。しかし母の目の届かない場所で隠れて飲んでいました。それこそトイレの手荒い場だろうが何だろうが、飲める水ならば何処ででも飲んでいました。
[PR]
by mayoi-maimai | 2009-09-06 01:35

最新の記事

あぁ、今日は4年に一度の2月..
at 2016-02-29 00:55
久しぶりに面白そうな時代劇!
at 2016-02-29 00:53
あけましておめでとうございます
at 2016-01-02 00:46
帝王の娘スベクヒャン 56話
at 2015-04-10 01:08

最新のトラックバック

魂トンマンと魂ピダム
from こうもりのサンガラクチ

ブログパーツ

画像一覧